フォト

« 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について | トップページ | アスパラガスをゆでました »

2011年6月15日 (水)

外壁のサイジング補修方法 その1

 住宅のサイジングボードがはがれているので、どうしようかと悩んでいたが、業者に依頼することとした。

Cimg4347_2

Cimg4348

 

1.サイジングボードを削っても補修をするシーリング材料がわからない
 2.塗料の色あわせが出来ない(ウレタン塗装)
 3.ちょっと高所作業になり、突発性難聴では、ふらつきが心配

サイジングの下地の補修

 1.コーキングの職人さんの手で、剥離しているサイジングボードを削る。
  結構広範囲に実施 サンダーの利用が早いが、トルクとサンダーに目が粗く断念
  金ブラシで、削る。

     (これが時間がかかるがいい)(私もブラシでやってみる)

Cimg4353

 2.コーキング材に適用したプライマリー材を筆で塗る。

 3.コーキング材(オート化学  オートンアドハー 3500)で補修をする
  コーキングガンで塗り、後は、スッポンジ系のゴム鏝で整形する。

Cimg4353_2

Cimg4357

Cimg4360

このコーキング材の選定と入手が出来なかったので、補修時期が遅れてしまった。
 伸びがよくて、素人でもそこそこの施工が可能と思われるが、ゴムこてが入手できないかも知れない。
 コーキング剤は、楽天でも販売していました。

http://www.autochem.co.jp/index.html

  耐久弾性と接着性に優れた
  外壁材の補修に最適なパテ

 【特長】
  ・耐久弾性と接着性に優れた外装材の補修に最適なパテ材
  ・特殊ウレタンポリマーの採用により補修後の肉痩せが殆どなく欠損部分の凹凸の  ないフラットな状態に仕上げることができ、塗料の付着性もきわめて良好 

 【用途】
  ・改装工事におけるひび割れや欠損部分の補修、修復
  ・コンクリートやモルタル下地の化粧目地、誘発目地などへの充填
  ・サイディング

« 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について | トップページ | アスパラガスをゆでました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外壁のサイジング補修方法 その1:

« 光ネクスト開通(第二日目) その2 PR-S300NEの設定について | トップページ | アスパラガスをゆでました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ