2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 整理と保存 | トップページ | 石油ファンヒータとシリコン 修理顛末 »

2010年2月 7日 (日)

PLCでのVoipの実験をしてみました

自宅は、Bフレッツの回線で、2階の部屋に光が引き込まれていますが、電話はホームテレホンで今を中心にバス配線になっています。

このため、光電話にするには、LAN回線または、電話回線を1階まで配線する必要があります。残念ながら、配管には、すでにホームテレホンと光ケーブルが入っており、これ以上の通線は、困難と判断しました。

無線では、ちょっと不安定な場合もありFAXや電話では抵抗がありました。

それでPLCをNTT西日本の試用キャンペーンを見つけて応募いたしました。さすが迅速処理をされて配達されました。

早速試験をしました。環境が現用ではと思い、古いルータがあいておりましたので、これで1セグメントを組みました。これにPLCを入れて環境に適合するか見ることにしました。

ルータからはPCから速度測定センタ(goo)を使い 12 Mbit 同一ブレカーの配線内は低下なし、また同一系統のブレカー跨ぎも 10 ~ 12 Mbitで特に問題はなかった。

しかし、肝心の1階の目的にコンセントでは、PLCが同期せずPLC LED点滅 場所を変更して、実施し、ようやくOKとなり、試験を行ったが 2 Mbitと速度が出なくてあきらめました。電気配線にバイパスコンデンサーを入れようかと思いましたが、マイカコンデンサーが手元になく断念しました。

ちなみに無線LANは、同じ場所で 5 Mbitでこれがよかった。

PLCは、条件により十分活用できると思います。

残念ながらハムの受信機の電源を入れてみるのを忘れました。

よって肝心のVoipは、有線用配管増設、無線アクセスかさらに検討が必要です。しばらく光電話はお預けです。

それとここの地域は、光ネクストが販売されていないので、変更してもプレミアムです。V6だからいいかも知れないが・・・。折角ですから、みないかも知れないが光テレビを準備しておきたいし、迷います。

« 整理と保存 | トップページ | 石油ファンヒータとシリコン 修理顛末 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21086/47499965

この記事へのトラックバック一覧です: PLCでのVoipの実験をしてみました:

« 整理と保存 | トップページ | 石油ファンヒータとシリコン 修理顛末 »